本文へスキップ

公益社団法人岩手県看護協会は県内の看護職が組織する専門職能団体です。

TEL. 019-662-8213

〒020-0117 岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

看護協会についてINFOMATION

 看護協会とは  事業内容  会員数・組織図 情報公開
 倫理綱領      

看護協会とは

 公益社団法人岩手県看護協会は、岩手県内に在住、または勤務する保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で組織された職能団体です。
 現在、岩手県内に就労している看護職は16,000人余りで、そのうちの約7,000人が看護協会会員となっています
 新しい時代の県民のニーズに応え、健やかな暮らしに貢献する専門職として、より質の高い看護サービスを提供するために看護職一人ひとりの知識や技術、人間性を高めるための研修の開催、労働環境の整備、就労促進や訪問看護事業等の活動を行っています。また、広く地域住民の看護に対する期待に応えるために、県や市町村、関係団体等と協調を図り、地域の特性を生かした活動にも力を注いでいます。

会長あいさつ


                             公益社団法人岩手県看護協会 会長 及 川 吏智子

 あけましておめでとうございます。
 皆様には、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年、岩手県看護協会は創立70周年の節目の年を迎えました。10月26日の記念式典には、達増拓也岩手県知事、小原紀彰岩手県医師会会長、福井トシ子日本看護協会会長をはじめ多くのご来賓の皆様のご臨席をいただき、盛大に開催することができました。寄せられました本県看護職への期待をしっかりと受け止め、職能団体として一層精進していかなければと決意を新たにいたしました。また、本会の礎を築いてくださいました多くの諸先輩方に敬意を表しますとともに、志を受け継ぎ、看護の発展を目指し着実に歩みを進めていきたいと思っております。現在、70周年記念誌「歩みこし看護W」の発刊に向け準備を進めているところです。
 昨年を振り返りますと、「連携」「新たな展開」をキーワードに活動した一年でした。日本看護協会の委託事業「看護政策推進のための組織強化事業」、岩手県の委託事業「岩手県版新人等訪問看護師育成プログラム作成事業」に参画し、また、重点事業に「組織強化」を掲げ、会員拡大に向けて支部、職能委員会と共に総力をあげて取り組みました。会員は7, 308人(平成30年12月)と増えつつありますが、職能・施設・地域の偏在化が課題となっています。職能団体の理解を深めて頂けるよう、事業内容や支部機能の充実・強化に努めて参りますので、更なるご理解ご協力をお願いいたします。
 さて、地域包括ケアシステムの推進において、看護職の役割・ネットワーク強化が益々重要になっています。今年度は、例年以上にさまざまな場で働く看護職が専門性を高めるための研修や施設・地域・職能を越えた看護職の連携を重視して取り組みました。地域でのネットワーク構築に向けた交流会については、看護をつなぐための重要な事業として発展させていきたいと考えています。
 ナースセンターでは、看護職の就業促進・確保のための復職研修、相談事業の充実を図り、再就業に繋げることができました。本年も現場の人材確保を強力に支援して参ります。
 また、7 月18・19日には第50回日本看護学会―急性期看護―学術集会を盛岡市で開催いたします。ぜひ、多数の演題応募並びにご参加をお願いいたします。
 本年も看護に対する社会の期待や看護職のニーズを見据えながら、そして県民の健康な生活の実現とそれを支える看護職がいきいきと働き続けられるよう、事業を展開して参りますので、引き続きご支援ご協力をよろしくお願いたします。
 結びに、皆様にとりまして新しい年が、健康で希望に満ちた一年になりますよう祈念し、年頭のご挨拶といたします。

沿  革

昭和23年
日本助看保協会岩手県支部創立。
昭和54年
社団法人岩手県看護協会設立。
平成元年
岩手県看護研修センター竣工。
平成5年
協会立訪問看護ステーション(盛岡)開所。
平成11年
協会立訪問看護ステーション(二戸)開所。
平成12年
協会立訪問看護ステーション(東山・千厩)開所。指定居宅介護支援事業所盛岡開所。
平成15年
指定居宅介護支援事業所東山開所。
平成24年
公益社団法人岩手県看護協会へ移行。

バナースペース

公益社団法人岩手県看護協会

〒020-0117
岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

TEL 019-662-8213
FAX 019-662-9550

newpage1.htmlへのリンク