本文へスキップ

公益社団法人岩手県看護協会は県内の看護職が組織する専門職能団体です。

TEL. 019-662-8213

〒020-0117 岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

看護協会についてINFOMATION

 看護協会とは  事業内容  会員数・組織図 情報公開
 倫理綱領      

看護協会とは

 公益社団法人岩手県看護協会は、岩手県内に在住、または勤務する保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で組織された職能団体です。
 現在、岩手県内に就労している看護職は16,000人余りで、そのうちの約7,000人が看護協会会員となっています
 新しい時代の県民のニーズに応え、健やかな暮らしに貢献する専門職として、より質の高い看護サービスを提供するために看護職一人ひとりの知識や技術、人間性を高めるための研修の開催、労働環境の整備、就労促進や訪問看護事業等の活動を行っています。また、広く地域住民の看護に対する期待に応えるために、県や市町村、関係団体等と協調を図り、地域の特性を生かした活動にも力を注いでいます。

会長あいさつ

〜新年度を迎えて〜

公益社団法人岩手県看護協会 会長 及 川 吏智子

 新緑や色とりどりの花々に心和む季節となりました。
 会員の皆様には、新年度を迎え、慌ただしい中にも新たな気持ちで業務に励まれていることと拝察いたします。
 未曾有の大災害をもたらした東日本大震災から6年が経ちました。3月11日に県立釜石高等学校体育館で執り行われました岩手県と釜石市合同の東日本大震災犠牲者追悼式に参列し、献花とともに哀悼の誠をささげてまいりました。当協会では昨年度、「東日本大震災を体験して 5年後の今」を発刊しました。大震災の教訓を伝えていく資料として役立てていただければ幸いです。
 さて、会員の皆様のご支援ご協力をいただき、平成28年度事業は滞りなく遂行できました。
 新会員情報管理体制の移行につきましては、ご多忙の中ご協力をいただき感謝申し上げます。
 各施設では、看護職の人材確保が喫緊の課題となっております。地域別懇談会でナースセンターの復職研修や無料職業紹介・相談、ハローワークと連携した「看護のおしごと相談」が就業促進につながっていることをご報告いたしました。今後も研修の充実ときめ細かな対応に努めてまいります。看護師等の届出制度が始まり1年半が経過しましたが、さらに周知を図り、登録を推進していきたいと考えています。また、看護職の労働環境等の改善推進に関する事業では「ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」を開催し、参加施設では一定の成果が得られています。今年度も参加施設への支援体制を整え、準備を進めております。
 平成29年度教育計画の大きな変更は、認定看護管理者教育課程セカンドレベルを休講し、サードレベルを開催することとしました。
 看護協会は2025年を見据え、職能団体として看護職に関わる様々な課題に取り組んでおり、看護職のネットワーク強化が一層重要となっています。平成28年度、当協会の会員数は7,293名です。今年度は、事業推進の基盤となる組織率を高めるための入会促進、地域包括ケアシステムの推進に向けて看護職の連携を図っていきたいと考えています。
 平成29年度岩手県看護協会通常総会は、6月17日(土)に岩手県民会館で開催いたします。
今年度の重点事業は以下の4項目を挙げております。

 1. 看護職の実践能力の向上・専門性の発揮とその体制整備への支援
 2. 看護職の労働環境の整備の推進
 3. 保健・医療・福祉連携における看護の機能強化
 4. 東日本大震災からの復興支援

 多くの皆様にご出席いただき忌憚のないご意見を伺いたいと思っております。
 今年度も看護職が役割を発揮し、県民の健康と福祉の向上に貢献できるよう事業を展開してまいりますので、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

沿  革

昭和23年
日本助看保協会岩手県支部創立。
昭和54年
社団法人岩手県看護協会設立。
平成元年
岩手県看護研修センター竣工。
平成5年
協会立訪問看護ステーション(盛岡)開所。
平成11年
協会立訪問看護ステーション(二戸)開所。
平成12年
協会立訪問看護ステーション(東山・千厩)開所。指定居宅介護支援事業所盛岡開所。
平成15年
指定居宅介護支援事業所東山開所。
平成24年
公益社団法人岩手県看護協会へ移行。

バナースペース

公益社団法人岩手県看護協会

〒020-0117
岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

TEL 019-662-8213
FAX 019-662-9550

newpage1.htmlへのリンク