本文へスキップ

公益社団法人岩手県看護協会は県内の看護職が組織する専門職能団体です。

TEL. 019-662-8213

〒020-0117 岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

看護協会についてINFOMATION

 看護協会とは  事業内容  会員数・組織図 情報公開
 倫理綱領      

看護協会とは

 公益社団法人岩手県看護協会は、岩手県内に在住、または勤務する保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で組織された職能団体です。
 現在、岩手県内に就労している看護職は16,000人余りで、そのうちの約7,000人が看護協会会員となっています
 新しい時代の県民のニーズに応え、健やかな暮らしに貢献する専門職として、より質の高い看護サービスを提供するために看護職一人ひとりの知識や技術、人間性を高めるための研修の開催、労働環境の整備、就労促進や訪問看護事業等の活動を行っています。また、広く地域住民の看護に対する期待に応えるために、県や市町村、関係団体等と協調を図り、地域の特性を生かした活動にも力を注いでいます。

会長あいさつ


年頭のごあいさつ

                             公益社団法人岩手県看護協会 会長 及 川 吏智子

 新春のお慶びを申し上げます。
 平素より、本協会の事業にご支援ご協力をいただき感謝申し上げます。 
 岩手県においても新型コロナウイルスの感染者が増加しております。長期化が予想される中、保健医療福祉の最前線でご尽力いただいております看護職の皆様に心より感謝と敬意を表します。
 今年度の岩手県看護協会通常総会は、新型コロナウイルス感染防止の観点から規模を縮小し開催いたしました。また、中止せざるを得ない事業・研修もありましたが、リモートの活用や感染対策を講じながらできる限り実施してまいりました。
 さて、2025年に向けた地域医療構想、地域包括ケアシステムの推進さらには、2040年を見据えた社会保障制度改革、働き方改革が進められています。また、昨年、厚生労働省から2025年における看護職員需給推計が公表され、本県では440〜1,805人が不足すると予測されています。
 このような中、看護活動の場は地域・在宅へと拡大し、あらゆる健康段階の人々に切れ目のないケアを提供することが求められています。本協会では、本県の背景を踏まえながら「あらゆる場、あらゆる人に良質な看護の提供」を行う看護提供体制をこれまで以上に強化していく必要があります。そのために、看護人材の確保、各領域で質の高い看護を実践していくための継続教育の充実、看護職の連携などに力を入れて取り組んでまいります。
 また、全国的に大規模災害が増加しております。未曾有の東日本大震災から10年の節目を迎えますが、災害に備え改めて、災害対策についての準備・支援体制の見直し、支部との連携強化、災害支援ナースの育成・確保を推進していきたいと考えています。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で地域別懇談会を開催できませんでしたが、今後も皆様のご意見を大切にして事業を進めてまいります。
 会員数が増加し看護職の輪が広がってきました。会員の皆様と共に日本看護協会の示した「看護の将来ビジョン」のもと、「人々の生涯にわたり、生活と保健・医療・福祉をつなぐ看護」の実践に向け専門性を発揮していきたいと思います。本年も本協会へのご協力ご支援をよろしくお願いいたします。
 結びに、皆様のご健勝とご多幸を心より祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

沿  革

昭和23年
日本助看保協会岩手県支部創立。
昭和54年
社団法人岩手県看護協会設立。
平成元年
岩手県看護研修センター竣工。
平成5年
協会立訪問看護ステーション(盛岡)開所。
平成11年
協会立訪問看護ステーション(二戸)開所。
平成12年
協会立訪問看護ステーション(東山・千厩)開所。指定居宅介護支援事業所盛岡開所。
平成15年
指定居宅介護支援事業所東山開所。
平成24年
公益社団法人岩手県看護協会へ移行。

バナースペース

公益社団法人岩手県看護協会

〒020-0117
岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

TEL 019-662-8213
FAX 019-662-9550

newpage1.htmlへのリンク