本文へスキップ

公益社団法人岩手県看護協会は県内の看護職が組織する専門職能団体です。

TEL. 019-662-8213

〒020-0117 岩手県盛岡市緑が丘二丁目4-55

看護職のみなさまへInfomation

看護職のみなさまへ 研修会のご案内 学会開催案内  図書室のご案内
ナースセンターのご案内 支部事業 職能委員会事業  災害支援ナース
機関紙「いわての看護」 会員手続きのご案内 リンク  Nursing Now

保健師職能委員会

令和3年度保健師研修会


今年度の保健師研修会は、「新型コロナウイルス感染症の対応」をテーマに開催しました。岩手県独自の緊急事態宣言下であり、リモートと集合のハイブリッド形式で開催しました。
 
新型コロナウイルス感染症の発生が増加していて、それぞれの現場が大変な状況にもかかわらず、多くの方にご参加いただき感謝申し上げます。
 研修会では、櫻井滋先生から地域保健における新型コロナウイルス感染症への対応について、実践報告では保健所、市町村、産業分野、それぞれの立場での状況を報告いただき、お互いに現状を理解し合う機会となりました。
 保健師職能委員会は、今後も、新型コロナウイルス感染症の知識を深め、情報交換や情報共有をしながら、現場の支援につながる活動を進めてまいります。

実施報告(PDF)
アンケート(PDF)

令和3年度看護師職能集会


 令和年度の看護師職能Ⅰ・Ⅱ合同主催とした看護師職能集会は、テーマを「傷つかない、傷つけない看護のために-医療メディエーションの活用-」と題し、講師に中西淑美先生(山形大学医学部総合医学教育センター准教授)、座長に肥田圭介先生(岩手医科大学医学部 医療安全学講座教授)をお迎えし、28日(月)にZOOM併用での開催としました。
 医療メディエーションは、私たち医療者側が患者・家族やその他の関係者との間に生じた問題に対応する際、お互いの理解を深め対話を促進することで、信頼関係の再構築を支援する仕組みを用いた問題解決の方法をいいます。中西先生からは、看護師の立場により近い視点で「コロナ禍と看護職」「コンフリクト(認知齟齬)からみた紛争認知過程」「医療メディエーションという取り組み」の内容を具体的な事例を交えて説明していただきました。「コロナ禍での看護職」は今まさに、コロナ病棟で患者と向き合う看護師や看護管理者の思いや葛藤を取り上げ、倫理的な視点で物事を考えることを忘れてはいけないことを教えてくださいました。さらに、起こった出来事に対し、それぞれの立場が異なると見える物、考え方に違いがあるため、対話の過程こそが大切であり、「ネガティブな感情が生まれたら対話の過程を見つめ直す」ことを真摯に伝えて下さいました。看護職が自分自身を大切に思い行動することが相手を思いやることに繋がり、「傷つかない、傷つけない看護」となることを学び、今後に活かす示唆を得ることができました。講演の最後に、中西先生が贈ってくださった応援歌「The rose」は1980年に発表された曲です。曲を聴きながら癒され、明日への元気につながる職能集会となったと思います。ある番組の主題歌で耳にした方もいると思います。みなさんも是非、聞いてみてください。  
 昨年度、会員の皆様からいただいた「岩手県での研修の開催形態として今後も活用してほしい」というご意見を踏まえ、感染対策を考慮し、Web会議システムZOOMを併用開催としたところ、ZOOM 30回線から65名、現地25名(関係者を含む)の参加がありました。参加者からは「認知フレームを意識することの大切さを学んだ」「自分の思いに向き合うことの大切さを学ぶことができた」「身近で悩んでいるテーマであったため、医療事故対応や相談対応の場面を振り返る機会になった」等の感想をいただきました。「参加しやすかった」などのご意見も聞かれました。
 今後も、会員の皆様からの様々なご意見を伺い、事業に反映させてまいります。引き続きよろしくお願いいたします。


 ・アンケート結果(PDF)






助産師職能委員会

いいお産の日 in いわて2021 オンラインイベント

   (開催日時:令和3年11月3日(水)13:30~15:00)

 11日は語呂合わせで「いいお産(1103)」。全国各地で妊娠・出産・子育てに関連したイベントが多数開催されます。岩手県では今年も岩手県看護協会、岩手県助産師会が協力し、初めてのオンラインイベントを開催しました。
 部では助産師はどこで何をしているのか、そして「あなたのそばに助産師がいること」を知っていただく機会となるよう「助産師の紹介」を行いました。妊娠期から子育て期における活動の実際、そして思春期や更年期など女性の生涯にわたる健康支援にも携わっていることについてお伝えしました。第部は一関市で開業されているマタニティ相談室“くろさわ”室長の黒澤真澄さんによる「親と子の関わり方-子育てのヒント-」と題する講話でした。乳幼児期こそ「甘える」体験が重要であること、子どもの自己肯定感や自尊感情を育む関わり方についてお話していただきました。第部は岩手医科大学看護学部の助産学生による紙芝居「生まれてきてくれてありがとう」の朗読でした。きょうだい(弟)が生まれるお姉ちゃんの揺れ動く気持ちとそれを温かく受け止めるお母さんの様子が描かれた心温まるお話でした。
 イベント後のアンケート結果からは「一人で悩まなくていいと改めて思えた」「子育てで大切なことを学べたので夫婦で共有してこれからに活かしていきたい」「学生さんの紙芝居、抑揚があり、心がこもっていて感動した」などのご意見が多数あり、有意義な機会となったことが伺えました。コロナ禍により妊産婦の不安の増大や孤立した子育ての進行が危惧されています。今後とも助産師の専門性を発揮し、地域全体で子育て世代を温かく見守り、支えることができるよう、妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援の実現につなげる活動を行っていきたいと思います。


令和3年度CLoCMiPレベルⅢ認証推進研修会

   (開催日時:令和3年9月11日(土)13:00~16:00)

 助産師が活躍する場は病院・助産院・地域など様々あり、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援が求められています。助産師に期待される役割は多様化しており、ハイリスク妊産婦やハイリスク新生児にも対応できる、高い助産実践能力が求められています。
 今回、県内のアドバンス助産師、アドバンス助産師に関心のある看護職員を対象に、岩手県看護研修センターとZoomによる併催で研修会を開催し、14(助産師13名、看護師)の参加がありました。
 はじめに日本看護協会常任理事の井本寛子氏より、「アドバンス助産師に期待すること」をテーマにZoomで講演をしていただきました。妊産婦を取り巻く状況や、産科医不足による産科閉鎖、混合病棟化など、周産期医療体制の変化の中で期待される助産師の役割について学ぶことができました。
 後半は、岩手県立釜石病院の木村裕美氏、みうら産婦人科医院の八重樫由紀氏、岩手医科大学看護学部の髙橋淳美氏の名のアドバンス助産師から病院・診療所・教育施設での活動について話題提供をしていただきました。その後「アドバンス助産師として私たちができること」をテーマにグループワークを行い、各施設での活動状況や現状について情報を共有することができました。
 研修後のアンケート結果からは、今後の取り組みについて考える機会になった、それぞれの地域や病院、対象者に応じて専門的な支援ができるように世の中の動向や国の方針に目を向けていきたい等の意見が聞かれ、有意義な研修会となりました。





令和3年度助産師職能委員交流会
(開催日時:令和3年8月7日(土)10:30~12:00)

 「コロナ禍における妊産婦・家族へのケア ―現状を共有し、これからを考える―」をテーマに、参加者11名の打ち解けた雰囲気の中、助産師職能交流会が行われました。
 はじめに、職能委員長の蛎崎奈津子(岩手医科大学看護学部)より全国助産師職能委員長会の報告があり、その後、「県内各施設におけるコロナ禍の妊産婦・家族へのケアの現状」について意見交換がなされました。
 年以上も続いているコロナ禍で、各施設でCOVID-19濃厚接触者、陽性者への対応マニュアルやフローが整備され、対応シミュレーションが行われている事や、面会・夫立ち会い分娩・集団指導の現状を共有することができ、県境地域での隣県のCOVID-19流行状況も考慮した感染拡大防止対策などを学ぶことができました。
 また、現状を共有することで、妊産婦とその家族に最善のケアを提供するために、今まで慣例的に行っていたケアの改善の方向性を見出すことができた交流会となりました。





令和3年度WHC研修会
(開催日時:令和3年7月31日(土)13:00~16:00)

昨今、子どもの虐待や周産期の精神障害など周産期をめぐる心理社会的問題が浮き彫りとなり、コロナ感染症により妊産婦がさらに孤立を深める中で、家族や社会の協力を得ながら健やかに母子が成長するための支援が求められています。
 今回、助産師・産科領域で勤務する看護師・産科管理者を対象に研修会を開催し、
25名(助産師23名・保健師名・看護師:名)の参加がありました。
 
講演はZoomで行われ、つくばセントラル病院産科医の田中奈美氏より「メンタルヘルスに課題を抱える妊産婦の支援」をテーマに、周産期のメンタルヘルスの重要性についての講義がありました。後半は、他職種の役割・活動内容を知り、必要な支援と円滑な連携を考えるという趣旨で、人の方から話題提供をしていただきました。人目は医療ソーシャルワーカーの立場から、岩手医科大学附属病院の齋藤有香氏より、MSWとして実際に行っている介入について紹介いただき、きめ細やかな取り組みを知ることができました。人目は児童相談所職員の立場から、岩手県福祉総合相談センターの小笠原奈穂子氏よりお話をしていただきました。児童虐待の現状と課題から切れ目のない支援が行われていることを知ることができました。
 
研修後のアンケート結果からは、具体的でわかりやすく、すぐに実践できる内容であり、満足度が高かったことが伺えました。質疑応答の時間では、岩手県内の精神科の緊急入院先や、切れ目のない支援をするための取り組みなどについて情報共有をすることができました。この研修を機に、妊産婦が現在置かれている状況から必要な支援について考えることができました。





令和3年度保健師・助産師職能合同集会
(開催日時:令和3年6月19日(土)13:30~15:30)
 
 出産後の母親や子どもに対する「産後ケア事業」などの社会的な要請を受け、保健師・助産師等の看護職は、子育てしやすい環境づくり・子育て支援に一層重要な役割を果たすことが求められています。そこで、保健師・助産師等、子育て支援に関わる看護職が一堂に集い、岩手県の母子保健の現状や先駆的な産後ケアの取り組みについて学び、子育て支援の推進を図ることを目的に、保健師職能と助産師職能の合同集会を開催しました。52名(保健師25名、助産師22名、看護師5名)の参加があり、産後ケア事業への関心の高さがうかがえました。
 「母子のための地域包括ケアシステムの推進-産後ケア事業の構築に向けて-」をテーマに、岩手県看護協会 副会長の奥寺三枝子氏を座長とし、3名の講師にご講義いただきました。岩手県保健福祉部子ども子育て支援室 室長の中里裕美氏より、岩手県における母子のための地域包括ケアシステムの推進について、行政の取組みと現状の説明の後、奥州市健康こども部健康増進課親子みらい係主任保健師の伊藤睦氏より奥州市における自治体の取り組みの紹介、さらに奥州市総合水沢病院主任助産師の菅原香代氏より奥州市総合水沢病院での産後ケアの実際の紹介がなされました。その後の意見交換では、岩手県内のその他各市町村における産後ケア事業の取り組みの事例紹介、現状に関する情報提供や意見など活発な発言がみられました。
 集会後のアンケート結果からは、コロナ禍で研修会参加の機会が減っている中、共通目的を持つ看護職同士が顔を合わせ、岩手県全体の産後ケアへの取り組み状況や課題について理解と共通認識を持ち、意見交換することで、参加者のモチベーションアップにもつながり、満足する内容であったことがうかがえました。さらに保健師職能、助産師職能合同集会とし、情報交換をすることで、お互いの立場の理解も進み、産後ケア事業を行っていくための保健師、助産師、看護師等多職種連携の重要性も再認識されました。
 参加者からは「自分たちの地域こそ必要なケア事業だ」「ぜひうちでも産後ケアを実施したい」などの意見も聞かれ、岩手県全域で格差のない産後ケアシステムの構築に向けて、それぞれの立場でできる支援や取り組みは何か、具体的に考えていく貴重な機会となりました。





護師職能委員会I

現在、お知らせはございません。






護師職能委員会II

令和3年度介護施設等で働く看護職の集い
(開催日時:令和3年11月6日(土)13:30~16:00)

 施設や介護の現場での「新型コロナウイルス感染防止対策」の経験からの学び、現状、今後の課題を共有しケアに活かす機会とすることを目的に、訪問看護ステーション・有料老人ホームを運営する株式会社プロスペリティ・ナーシングサービス 代表 山口トキヨ氏を講師にお迎えし、「令和2年度のCOVID-19対応を振り返る~施設で難渋したこと~」をテーマに開催しました。コロナ禍の感染予防対策を考慮し、Web会議システムZoomを利用した開催とし17名の参加がありました。
 講演では、オンコロナの状況下、利用者様やご家族、施設スタッフ双方の安全を考慮した具体的な取り組みについて教えていただきました。また、実施する中で、課題として他施設等との連携の在り方について、挙げておられました。
 その後、参加者との意見交換では、各施設での感染対策や施設連携の工夫など所属する施設の枠を超えて、実際に苦労したこと、悩み、大変だったことなどの情報を共有することができました。
 当日は、医療・看護安全対策委員会より誤接続防止コネクタの国内導入についてのDVDによる情報を提供していただきました。
 参加者からは、「他施設や訪問看護ステーションの状況など参考になった」「栄養チューブの誤接続防止の知識を身につけることができた」等の感想をいただきました。また、Zoom開催については「感染状況が落ち着いたあとも、Web開催を希望する」「自分には不向きだった」というご意見がありました。
  令和年度の介護報酬改定の基本方針には、「感染症や災害への対応力強化」を図ることが挙げられています。感染症や災害が発生した場合であっても、利用者に必要なサービスが安定的に継続的に提供される体制を構築するための取り組みに今回の集いでの学びを活かせるものと思います。利用者様やご家族の生活を支える介護施設等で働く看護職が、悩みや課題を解決できる一助となれるように今後も活動を行っていきたいと思います。





お知らせ

現在、お知らせはございません。




バナースペース

公益社団法人岩手県看護協会

〒020-0117
岩手県盛岡市緑が丘二丁目4-55

TEL 019-662-8213
FAX 019-662-9550

して